修復・変換サービス

 Restoration Service

テープ保管はどのようにされていますか?以下のような状況になっていませんか?

●テープは2年に1回程度巻き戻しが必要とされているが、5年以上再生していない

●VTRテープなど、再生することのできないアナログデータが沢山ある

●古いテープやフィルムの整理や管理に困っている

●再生不可のため、何が映っているいるかわからない

●テープの保管場所の湿度や温度管理ができていない

古いアナログ映像は大切な資産です。

いつか必要な時にデジタル化すれば良い!とお考えの皆様、今後再生機が順になくなっていきます。再生ができなくなる前に、早めのデジタル化をお勧めします。

メディア修復・クリーニングサービス / Media Restoration Service

経年によるメディアの劣化はテープ切れの要因やVTRの故障につながります。

弊社ではあらゆるメディアの修復・クリーニングに対応しております。

早い段階でのテープクリーニング及び映像修復が、よりきれいな映像を保つための秘訣です。

 

ビネガーシンドローム

テープ折れ

経年劣化による変形

カビ及びテープ切れ

サビやカビによる劣化

白カビや貼り付き

クリーニング前の熱処理

各種クリーニング機器

古いフィルムやテープは貼り付きがある場合が多いので、クリーニング前の再生はお控え下さい。

熱処理などクリーニングを行った後に、デジタル化致します。ぜひご相談下さい。

映像修復 / Digital Video Restoration Service

古いメディアからそのままデジタル化しても、きれいな映像は蘇りません。

古いテープにはカビ、ホコリ、しわ、折れなどさまざまな物が付着しています。クリーニングをしても取れない傷やしわなどはデジタル映像修復をお勧めします。

クリーニング及びメディア修復後、リアルタイム自動画質補正により、ダストノイズ、スクラッチ、ドロップアウトなどの除去を行います。フィルムグレインノイズやフリッカーも除去可能です。

 

サンプルビデオをご覧ください!

16mm フィルムの修復

アーカイブ / Archive Service

大切な映像資料をデジタルデータへ変換し、保存整理のお手伝いを致します。

 

デジタルアーカイブの利点

●デジタル化する事で画質劣化を最小限にし、長期間保管することができる。

●データベースの構築により素材の整理ができ、高度な運用管理が可能になる。

●原版は保存したままで、情報の利用や貸出が可能になる。

●古いテープによく見られるカビや貼り付きなどを取る熱処理及びクリーニング作業を行い、

 丁寧にデジタル化致します。

弊社ではオプティカルディスク・アーカイブを推奨しています。

オプティカルディスク・アーカイブとは光ディスクシステムによるデータ資産の長期保存のことです。

詳しくは こちら のページをご確認下さい。

株式会社 日本ホライゾン

〒106-0032 東京都港区六本木6-6-13

TEL:03-3479-7681

FAX:03-3479-7682

Japan Horizon Co., Ltd.

6-6-13 Roppongi Minato-Ku Tokyo

106-0032 Japan

+81-33479-7681

Copyright © 2019 Japan Horizon Co., Ltd. All rights reserved.