Welcome to our website!

テープの経年劣化とは?

長期保管しているテープなどは、磁性体のバインダーの劣化が原因で、貼り付きが起きたり、カビが

生えて再生不可能な場合があります。再生出来たとしても、ヘッドをダメにしてしまったり、デッキ

の故障の原因となってしまいます。貼り付きの様子をビデオで御覧ください!

テープの貼り付きの様子

たった30秒再生させただけで、こんなことに!

クリーニングは必須

古いメディアには、カビ、貼り付き、切れ、折れなど様々な問題があります。特に目に見えない貼り

付きなどは再生するまでわかりません。弊社では、10年以上前のメディアはすべてクリーニングを

させて頂いております。クリーニングは各種デッキを取り揃えておりますので、お問い合わせ下さい。

D1, D2 テープ専用クリーニング機器

1吋 テープ専用クリーニング機器

フィルムの保存について

古いフィルムの管理はどのようにされていますか?

箱や缶に入れたまま、何十年も倉庫に眠っていませんか?

大切な映像資料を守るために、早めのデジタル化をお勧めします!

フィルムは高温多湿の環境を嫌います。日本の様な湿気の多い環境では、ビネガー・シンドロームという現象が起きやすくなります。フィルムから酸っぱい臭いがしていたら要注意です!一度始まったビネガー・シンドロームの進行はもう止めることは不可能です。一本のフィルムでもビネガー・シンドロームが進行していたら、そこから発生した酢酸ガスが、他の健全なフィルムをも汚染してしまうのです。

ビネガー・シンドロームによるフィルムの歪み

ワカメ状になったフィルムを元の状態に修復

 

きれいにカビや汚れをクリーニングした後、デジタル化をしました。

ビネガー・シンドロームが解消することはありませんので、すぐに別のメディアにコピーするかデジタル化をすることをお勧め致します。

フィルムの種類

株式会社 日本ホライゾン

〒106-0032 東京都港区六本木6-6-13

TEL:03-3479-7681

FAX:03-3479-7682

Japan Horizon Co., Ltd.

6-6-13 Roppongi Minato-Ku Tokyo

106-0032 Japan

+81-33479-7681

Copyright © 2019 Japan Horizon Co., Ltd. All rights reserved.